サイト内
ウェブ

ヨガの気持ち良さを味わおう!初心者さんでもできるパピードッグ

  • 2018年7月11日
  • 美LAB.(ビラボ)
こんにちは、愛子です。誰でも行えるのがヨガの良さなのですが、自分の体に合わせる方法がわからず、気持ち良さを実感出来ずにいる方も多いのでは?ちなみに定番の「ダウンドッグ」はどうでしょう?適切に体を使えていれば、心地良く感じられるはず。もし辛いだけなのであれば、これからご紹介するポーズを試してみて!



「ダウンドッグ」のおさらい


そもそも「ダウンドッグ」ってどんなポーズ?という方もいらっしゃるかもしれません。まずはさっと、ダウンドッグのおさらいをしましょう。

(1)四つん這いになる
(2)つま先を立てる
(3)息を吐きながら、お尻を後ろに引いて、踵の上に乗せる
(4)息を吸いながら両ひざを伸ばし、お尻を高く持ち上げる3〜5呼吸を目安にキープ 
(5)息を吐きながら両膝を床につき、四つん這いの状態に戻る

立ちポーズの中の休息のポーズと呼ばれるほど、疲労回復効果が高く気持ちの良いポーズです。ですがこのポーズ、体が硬いと背中が丸まり、体重が肩や腕にかかりやすく、すごくしんどいのです。体の使い方を誤ったまま頑張ってポーズをとっても、良い効果は期待できません。

ですから、「ダウンドッグの気持ち良さが分からない!ただ辛いだけだ!」という方は、次にご紹介するポーズで体の使い方を掴んでください!

パピードッグ(ハーフドッグ)


(1)壁の前に姿勢を正して立つ
(2)両手の平を、胸の位置の壁に当てる
(3)手の平で壁を押し、後ろ歩きして、上半身と下半身が90度になるようにする5呼吸を目安にキープする。 
(4)前方に歩き、両手を壁から離して(1)の状態に戻る

※肩や腕をリラックスさせたまま、背筋が伸びる感覚をしっかり体に覚え込ませてください。通常のダウンドッグのときにも同じように出来ればGood!

効果


・ダウンドックのときの正しい体の使い方が分かる
・背筋を伸ばす
・姿勢を整える
・肩凝り解消
・疲労回復
・リフレッシュ効果 

おわりに


いきなり難しいことにチャレンジするより、ちょっと頑張れば、できることから始めるのが継続するコツです。体が慣れてきたら、ぜひ通常のダウンドッグもまた行ってみてください。きっと以前との違いを感じられるはずです。
愛子
コラムニスト、モデル

Photo by fotolia

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2018 美LAB.(美ラボ)