サイト内
ウェブ

目の周りは特に乾燥しやすい?! 保湿とエイジングケアで潤い目元へ!

  • 2019年1月12日
  • 美BEAUTE

目の周りの乾燥が気になる!その原因は?


目の周りは特に乾燥しやすい?! 保湿とエイジングケアで潤い目元へ!

人の第一印象を決めるうえでも、特に「目元」は目につきやすいパーツではないでしょうか。そんな人の印象を決める大きな要素である目元ですが、とてもデリケートな部分でもあります。周りの顔の皮膚と比べ皮膚がとても薄く、少しの刺激や乾燥で小じわや痒みや赤み、クマなどにも繋がりやすい部分です。

特に秋冬になり、乾燥の時期に入ると、クリームで保湿をしっかりしているつもりでも、目元がガサガサしてきたり、化粧がうまくのらなかったり...トラブルを感じる方も多いのではないでしょうか?目元は相手への大きな印象を与える部分でもあるので、目元が乾燥・カサカサしていると、とても気になってしまいますよね。そんな大事な目の周りの保湿対策、トラブル解消方法をご紹介してきたいと思います!

関連画像をもっと見る

目の周りの乾燥対策にはこれがおすすめ!


目の周りは特に乾燥しやすい?! 保湿とエイジングケアで潤い目元へ!

それでは、目の周りの乾燥対策についてご紹介します。

【おすすめの目元のケア!これで乾燥知らずに!】
<クレンジング・洗顔方法の見直し>
目の周りは他の部分と比べ、皮膚の厚さが1/3ほどだと言われています。とてもデリケートで刺激にも弱い部分であり、その薄さは0.02mmと言われています。一般的な食用ラップが約0.01mm程ですので、ラップ2枚分の薄さということになります。

さらに目の周りは皮脂膜が少なく、肌が本来持っているバリア機能も低めです。ここに洗顔やクレンジングで強い刺激を加えると、角質層がダメージを受け、バリア機能と保湿機能が同時に失われてしまいます。クレンジング時に、アイメイクを落とそうと思って、ゴシゴシと強く刺激を与えてしまうことはありませんか?目の周りの皮膚はとても薄いので、少しの刺激でも摩擦によって負担がかかってしまいます。

また、洗浄力の強いオイルタイプのクレンジングは、必要な顔の脂や潤いまで奪ってしまう性質があるので、特に目や顔周りの乾燥が気になる方は、ミルクタイプかクリームタイプなどの低刺激のものを使うことをおすすめします。そして、メイクを落とす時には優しくなでるようなイメージでくるくるとゆっくり落とすのがいいでしょう。これだけでも、目の周りの皮膚に与える刺激やダメージは変わってきます。

<アイクリームの使用>
顔全体用のクリームを使ってる方は多いと思いますが、目元専用のアイクリームは使用されていますか?目の周りは特別なケアが必要であるという意味で、化粧品会社メーカーでも目元専用のクリームを出しているところは多いです。皮膚の薄い場所専用のクリームなので、保湿力も高く、一度塗っただけで、目元のしわがキュッと伸びる感じがわかるものも多いです。目元の乾燥やエイジングが気になる場合は、目元専用のアイクリームの使用もおすすめです。

<水分補給>
体の中の水分が足りていないと、体や肌の皮膚も潤うことができずに乾燥していきます。そのため、内側から体を潤わすことがとても大事です。当たり前のことですが、こまめな水分補給を怠らないようにしましょう。体を冷やさないよう、白湯もおすすめです。お茶やコーヒーなどは利尿作用があり、水分の排泄を促してしまうので、なるべく控えるといいですね。

いかがでしたか?外側のケアと、内側からのケアをうまく組み合わせることで、効果も感じやすくなると思います。目元は印象を決める大事なパーツでもあるので、保湿対策・エイジングケアを徹底し、この冬は潤い目元をつくっていきましょう!


 Profile

<執筆>
山本 麻紀子(やまもと まきこ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・エステサロン店長。
延べ1万人以上の施術経験があり、エステティシャン歴8年。現在はエステに加えて食事のアドバイスなども合わせて行なっている。
ブログ:https://ameblo.jp/maki-totalbeauty

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 美beauté製作委員会 All Rights Reserved.