サイト内
ウェブ

ゆらぎ肌になりやすい、夏から秋へ…正しいお手入れで健やかな肌に

  • 2018年9月25日
  • 美BEAUTE

夏から秋への季節変化、「ゆらぎ肌」にご注意を!


ゆらぎ肌になりやすい、夏から秋へ…正しいお手入れで健やかな肌に

ゆらぎ肌は、急激な気温の変化、季節の変わり目、花粉がたくさん飛ぶ季節、なれない環境でのストレスなどが原因で、肌のバリア機能が低下することにより起こりやすいと言われています。

特に夏は、外では強い紫外線にさらされて、室内や車内ではエアコンで冷えることにより、気温と湿度の変化が激しく、肌がうまく対応できなくなり、ゆらぎ肌を招きやすい季節。そして、夏の終わりの肌はあらゆる夏のダメージを蓄積しているため、もう一度お手入れ方法を見直していくことが大切なのです。

関連画像をもっと見る

夏から秋にかけた「ゆらぎ肌」を健やかな状態にするスキンケアとは?


夏の終わりはゆらぎ肌になりやすい…正しいお手入れで健やかな肌に

ゆらぎ肌になっている場合は、肌のバリア機能が低下しているため少しの刺激でも負担になってしまいがち。そのため毎日欠かせないクレンジングや洗顔は、いつもより優しく丁寧に行っていきましょう。クレンジングは指の腹を使い、力を入れないようにメイクや皮脂汚れを浮かせるように、洗顔は洗顔料をたっぷり泡立ててから顔に乗せて、汚れを泡に吸着させるイメージで洗ってくださいね。

ゆらぎ肌になると、普段使っている基礎化粧品や肌の負担となる成分が含まれているものを使うと刺激になることもあるので、なるべく肌にやさしい成分が使われている洗顔料、クレンジング、基礎化粧品を使うことをおすすめします。

そして、気温の高い日は汗や皮脂が多く分泌されるため保湿ケアが疎かになってしまいがちですが、肌の表面はベタついていても、肌の内側は水分量が少なく乾燥している場合があります。肌のバリア機能を強化するためにも、化粧水でたっぷりの潤いを与えて肌の水分量を保っていくことが重要ですよ。夏の終わりかけは特に保湿ケアを重視して行い、肌の内側から潤わせてあげましょう。

さらに、夏の熱帯夜が続いたことで睡眠不足に陥りやすく、肌の調子が不安定になりゆらぎ肌を招いた可能性があります。睡眠不足は肌のターンオーバーにも影響を与えるため、温度を高めに設定したエアコンや冷感シーツ、氷まくらなどを活用して質の良い睡眠を取るように心がけるといいですね。

夏のダメージを受けたゆらぎ肌に丁寧なお手入れを


今年の夏は特に暑く、身体も肌への大きな負担を感じた方も多いかと思います。次のシーズンへ肌トラブルを引き継がないようにするためにも、今からきちんとゆらぎ肌対策をしていくことがポイントですよ。肌がゆらいでいても、肌に優しい日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を使って紫外線対策も忘れずにしてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 美beauté製作委員会 All Rights Reserved.