サイト内
ウェブ

老けて見えちゃう目の下のクマ対策!コンシーラーは絶対NG?

  • 2018年4月17日
  • 美BEAUTE

間違った対策で、目の下のクマはもっと悪化する!


老けて見えちゃう目の下のクマ対策!コンシーラーは絶対NG?

「さて、この黒いクマをどうしようか」残業で帰るのが遅くなった。昨日の飲み会で寝るのが遅くなった。理由はともかく、できてしまったクマをどうするか。

年齢を重ねると、ただでさえ年齢以上に見えないように努力しているのに、余計に老けて見えてしまうクマは本当に厄介な存在ですよね!おまけにクマはやたら「疲れ顔」に見えるので、「なんだか苦労してそう」なんて思われてしまうかも!

クマを消そう消そうと思って、効果もあるかわからないオリジナルマッサージを自ら施したり、コンシーラーで隠したり。

目の周りは皮膚が薄く、非常にデリケートな部分です。正しいケアを行わないとますます悪化して、万年クマ女になってしまうかもしれません!

関連画像をもっと見る

タイプ別にみる、目の下のクマ対策!あなたはどれ?


老けて見えちゃう目の下のクマ対策!コンシーラーは絶対NG?

クマができる原因の一つは「色素沈着」と言われています。特徴は茶色っぽいクマで、紫外線はもちろん、マスカラなどの落とし残しなども原因ですが、目をこするという行動も色素沈着してクマの原因になる可能性があります。

この色素沈着は、クマを隠そうとコンシーラーを使うと摩擦によって悪化してしまいます。もちろん、間違ったオリジナルマッサージなどもってのほか!

このタイプの対策としては美白効果のある化粧品を使うこと。メラニンの生成を抑える有効成分が含まれた化粧品でケアしていきましょう!サングラスや帽子で、紫外線から目元を守ることも重要です。

また、ほかにも夜更かしや睡眠不足でクマが起きることが多いと思いますが、これは十分な睡眠がとれないことで血行不良が生じてクマができてしまいます。少し青っぽく見えるタイプですね。

この青クマには蒸しタオルなどで、目元の血行を促すようにしてみましょう。特に朝が効果的で、眼精疲労にも効果的な「アントシアニン」を含むカシスやブルーベリーなどを摂取するとより解消しやすいでしょう。

最後は加齢による「たるみ」が原因の黒いクマ。目の下の皮膚がたるむことで影ができて黒く見えるクマです。

ビタミンCなど、コラーゲンの生成を助ける栄養素が含まれた食材を積極的に摂取して、失われたハリを取り戻しましょう。表情筋を鍛えるのも効果的です。

クマにはタイプに応じたケアが重要です。いずれにしてもコンシーラーで隠すのは、悪化させたり、小ジワを目立たせたりして肌にもよくありません。まずは自分がどのタイプのクマかチェックして、じっくりと対策をしていきましょう!

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 美beauté製作委員会 All Rights Reserved.