サイト内
ウェブ

賢く痩せたいなら油を摂るべし!? 正しい選び方・調理法について

  • 2017年11月16日
  • 美BEAUTE

ダイエット効果に期待できる「油」の選び方について


賢く痩せたいなら油を摂るべし!?正しい選び方・調理法について

ダイエット成功の鍵である「基礎代謝」は加齢とともに低下してしまいますが、「早く痩せたいから」と極端な食事制限を行ってしまうと体は冷え、更にダウンしてしまうと言われています。
体が冷えてしまうと内臓を守るべく脂肪をつけてしまうため、お腹周りに余分なお肉が増えやすくなるのです。基礎代謝の働きを高めるためには、運動・睡眠などの生活習慣を正すと同時に、体内で熱を作る働きを持つ「質の良い油」を積極的に食生活に取り入れることが大切と言われています。

<ダイエット効果に期待できる油の選び方>
1.【低温圧搾の油】油を購入する前にまずは、どのような工程で作られた油であるかチェックしましょう。もっとも理想的なのは、植物性の油をそのまま絞った低温圧搾式の油(※代表例:オリーブオイルなど)であると言われています。一方、マーガリンのように化学的な処理が行われている油は脂肪がつきやすくなるため注意が必要です。
2.【α-リノレン酸】α-リノレン酸(※亜麻仁油・魚・くるみ・大豆などの食材に含まれる)は、脂肪と混ざり合わないため体の中に蓄積されにくい油と言われています。また、α-リノレン酸は体の脂肪燃焼工場と呼ばれるベルオキシソームという器官を活性化し、脂肪を燃えやすくします。

<POINT>
どこの家庭にも常備されているサラダ油には、必須脂肪酸である「リノール酸」が豊富に含まれていると言われています。リノール酸はコレステロールを下げる働きがあることからヘルシーなイメージがありますが、摂りすぎると動脈硬化・アトピー・花粉症など様々な健康トラブルを引き起こす可能性もありますので摂取量には十分注意しましょう。

関連画像をもっと見る

質の良い油を気軽に摂取できる!おすすめの調理法


賢く痩せたいなら油を摂るべし!?正しい選び方・調理法について

低温圧搾の油は加熱せず、生で食べるのが理想的ですが直接飲んでしまうと人によっては胃もたれを起こしてしまう場合も…。相乗効果に期待できますので普段から食材と一緒に摂るようにしましょう。油の質をキープしたまま気軽に摂取できる、おすすめの調理方法についてチェックしていきたいと思います。

1.【油納豆かけご飯】納豆に油!? と聞いて驚いた方もいるかもしれませんが、とってもクリーミーな味わいになるのでおすすめですよ!特にごま油・オリーブオイルと相性が良いです。
2.【アイスクリームにON】アイスクリームにひとかけすることで油の熱により体の冷えを防ぎやすくなります。
3.【カルパッチョ】オリーブオイルに含まれる抗酸化成分ビタミンE・レスベラトロールと同時にお魚に含まれるα-リノレン酸など、美容やダイエットに嬉しい成分を効率よく摂取できるレシピです。

油は女性ホルモンの材料となるのでダイエットだけでなく、生理やお肌の不調のためにも積極的に取り入れていきたい三大栄養素の一つです。これまで控えていた女性は、是非今後は油を程よくプラスしながらバランスの良い食生活を実践してみてくださいね。


 Profile

■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

あわせて読みたい

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 美beauté製作委員会 All Rights Reserved.