サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

若返りにも!お風呂で歯磨きが美肌に良いと言われる理由とは?

  • 2018年1月4日
  • 美BEAUTE

お風呂で歯磨きをすると若返りホルモン・パロチンが分泌される


お風呂に入るとリラックス効果があると共に副交感神経が優位になるので、その状態で歯磨きを行うとサラサラの唾液が分泌し、「パロチン」という若返りホルモンの一種が大量に分泌されるんです!赤ちゃんの頃はパロチンを含んだよだれ=唾液の分泌量が多いことからお肌がマシュマロのようにプルプルしていますが、年齢を重ねるごとにパロチン=唾液の分泌が減少していきます。

しかし、なかなか普段生活を送る上では、若返りホルモンのパロチンの分泌量が少ない大人でも、お風呂で歯磨きをすることで効率よく美活につなげることができるんです。また、普段エイジングケアを行っている女性は高い美容液を購入したり、パックを毎晩のようにおこなったりと時間もお金もかかっているかと思いますが、お風呂で歯磨き美容ですと、歯ブラシさえあれば思い立った時に即実践できるので、節約しながら自分磨きを行うことが可能ですよ。

お風呂で歯磨きするとダイエッター女子に嬉しい減量効果も!


お風呂で歯磨きを行うことで分泌される若返りホルモンのパロチンには美肌を促す働き以外にも全身の細胞の代謝をUPさせる作用がありますのでダイエット効果も期待できるんです!まさに一石二鳥な美活ですし、お風呂に入るついでに実践できますのでこれだったらズボラさんな女子でも楽々継続できそうですね。

【お風呂で歯磨き】より効果的に美容効果をUPするポイント


1.歯磨き粉なしで磨いて唾液分泌を促進!
歯磨き=歯磨き粉を使用するイメージも強いものですがお風呂で歯磨きを行う際は歯磨き粉なしで実践することをおすすめ致します。理由は歯磨き粉をつけて磨くと短時間で切り上げてしまいたくなることから、成長ホルモンの一種、パロチンをあまり分泌できずに口をゆすいでしまうからです。また、歯磨き粉をつけずにみがくと汚れがとれたかしっかり確認しやすいというメリットもあります。

2.シャワーゆすぎをしながら歯磨き
ゆすぐ際はシャワーで口の中をゆすぐと尚良いです!温かいぬるま湯シャワーで刺激することでよりパロチンの分泌量が増えるほか、爽快感もあるので口の中は驚くほどスッキリします。

3.日中は太陽の光でしっかり殺菌を行うこと
歯ブラシは湿気を帯びることでたくさんの雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が口の中に入れば虫歯を引き起こすほか、万が一傷があればその箇所に菌が入ることで様々な病気のリスクを高める原因にもなりかねません。歯ブラシの菌増殖を抑制するにはしっかり乾燥させることがポイント。特に紫外線には強い殺菌作用があるので日中、太陽の下で歯ブラシを干してあげると、より健康的な状態にてお風呂で美活を実践することができますよ。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 美beauté製作委員会 All Rights Reserved.