サイト内
ウェブ

食用バラ農家のスキンケアブランド「ROSE LABO」がリニューアル

  • 2021年10月15日
  • 美容最新ニュース

バラのチカラでエイジングケア
ROSE LABO株式会社の展開する食用バラ農家発の自然派スキンケアブランド「ROSE LABO」が、2021年10月13日(水)、製品をリニューアルした。

リニューアル製品は同日よりROSE LABO公式オンラインストア及び、伊勢丹新宿店本館地下2階ビューティアポセカリーにて先行発売されている。

同社製品に使用されるバラは、自社農園で栽培した農薬不使用の食用バラ。

「ROSE LABO」は、埼玉県深谷市で農薬不使用の食用バラを栽培し、2018年に誕生した敏感肌向けの化粧品ブランドだ。

加齢肌へアプローチ
リニューアルのコンセプトは『「強く、美しく」全ての女性に開花力を』。

動物実験を一切行わず、FSC認証マーク(森林認証制度)付きの化粧箱への変更を行った。

全製品パッチテストを行い、敏感肌でも使用できる低刺激な製品づくりはそのままに、フリー項目を設け石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、タール系色素、合成香料、シリコーン、動物由来原料を使用しないフリー処方を追求。

一般的なバラより、ビタミンAが10倍、ビタミンCは2倍も含有したバラを独自開発し、加齢による肌悩みにアプローチできる化粧品へと生まれ変わった。

全国の取り扱い店舗では、11月12日から発売をスタートする。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※ROSE LABO公式オンラインショップ
https://www.roselabo.jp/

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Estyle, Inc. All Rights Reserved.