サイト内
ウェブ

カジュアル下手でも大丈夫!大人におすすめの夏レジャーコーデのポイントは?

  • 2017年8月13日
  • ANGIE

Photo by WEAR

夏はアウトドアイベントが盛りだくさん! 楽しみではあるけれど、カジュアル下手な人にとっては「いったい、何を着て行けばいいの?」とちょっと悩みますよね。

涼しくて動きやすい、カジュアルな中にも適度な女らしさを感じる、大人の夏レジャースタイルのポイントは? 夏休みコーデの参考にぜひチェックしてみてください!

定番「白T×デニム」をおしゃれに

Photo by WEAR

夏の青空の下がとびきり似合う「白T×デニム」コーデ。超定番スタイルなのでシルエットや小物にこだわると、オシャレ度がグンとUP。

夏らしいバッグや大ぶりアクセをポイントに、適度にトレンド感を取り入れてあげると◎。デニムパンツも旬のワイドシルエットなら、今っぽさも涼しさもどちらもゲット!

Photo by WEAR

デニムパンツではなく、デニムスカートという選択肢もアリ。

こちらのように、長く垂らしたスポーティなガチャベルトをポイントにするのも、今っぽいアレンジです。

デニムより涼しい「チノ&ベイカーパンツ」コーデ

Photo by WEAR

旬のチノパンやベイカーパンツも夏のレジャーにおすすめ。デニムよりも薄手なので涼しく着こなせます。カジュアル度数が高めのパンツなので、どこかに女らしさを足してあげると大人らしい雰囲気に。

こちらのコーデは、ごくごくシンプルな白T合わせですが、大ぶりピアスで大人の女らしく。

Photo by WEAR

フェミニンな甘口トップスを合わせるのも、簡単で着映えする今季らしい着こなしです。

さらっと着こなしたい「ロング丈スカート&ワンピ」

Photo by WEAR

スカート派には、涼しい薄手フレアのロング〜マキシ丈のスカートやワンピースが一押し。足さばきがいいので、ちょっとしたレジャーにピッタリ。

足元は濡れても平気なビーチサンダルで抜け感をだすテクは、ぜひとも真似したいところ。

Photo by WEAR

ノースリーブワンピをさらっと1枚で着るのも大人っぽくて素敵。

紫外線や寒さ対策に、リネンなどのシワになっても平気なシャツを持って行くと重宝しますよ。

行き先や予定に合わせて普段とちょっと違ったコーデに身を包むのも、ファッションの醍醐味! 気分が上がる夏レジャースタイルを楽しんでくださいね。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。