サイト内
ウェブ

夏はマスクを外したほうがいい? 高温多湿な夏の熱中症リスクと感染予防法

  • 2020年7月1日
  • All About

■夏もマスクをつけるべき? 新型コロナ感染症と日本の夏のマスク
ウイルスや菌の飛沫感染対策に有効なマスク。今年は新型コロナウイルス対策が必要なため、風邪やインフルエンザが流行する冬だけでなく、夏もマスク着用が促されています。しかし高温多湿な日本の夏では、暑苦しいマスクは外したいと感じる方が多いでしょう。

症状がないときはつけなくてもよいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、これは新型コロナ対策の難しいところです。すでによく知られていると思いますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)による感染症で、重症化すると重症肺炎を起こしたり、血管の病変を合併したりし、致死的になることがある感染症です。

呼吸器感染症ですので、痰やつばによる飛沫感染と、手に付着したウイルスにする接触感染により感染が拡大します。新型であるためほとんどの人にまだウイルスに抵抗する抗体がなく、誰もが感染する可能性があります。

そして症状は、無症状、軽症から重症と様々で、発症前から人に感染させてしまうという点が、対策を非常に難しくさせる部分です。感染拡大を防ぐためには、症状がなくても「ウイルスを持っているかもしれない」と考え、自分自身が感染源になる可能性を想定した行動を取る必要があるためです。

そこで必要なのが、飛沫感染のリスクを抑えるための、咳エチケット。サージカルマスクによる予防効果には議論のあるところですが、自分の感染予防にもある程度の有効性を見込んでするべきという意見もあります。マスクをしていると自分で口や鼻を手で触ることが少なくなるため、接触感染予防にもなるでしょう。しかし、夏のマスク着用は現実的に可能なのでしょうか。

■夏のマスクの注意点……「熱中症リスク」と「バリア機能の低下」
一般的なサージカルマスクは、細菌、ウイルスを含む飛沫と液体に対するバリア機能をもつ不織布3層構造になっています。バリア機能を保つためには、鼻と口をしっかりと覆うように正しくつけることが大切です。一方で、マスクを正しくつけると、呼吸もしにくくなり、息苦しさを感じます。

暑い季節のマスクには、マスク自体の暑苦しさや息苦しさなどの不快感によるストレスだけでなく、2つのデメリットが考えられます。

一つは、熱中症リスク。マスクをつけることでのどが乾燥しにくくなり、のどの乾きも感じにくくなります。熱中症による脱水が起こり始めていても、大切な最初のサインに気づけない可能性があります。

もう一つは、マスクのバリア機能の低下。正しくマスクをすると息苦しくなるため、呼吸筋を普段より使うことになり、自然と体温が上昇します。体温で温まった呼気がマスク内に残ることで、マスク内の限られた空間は周辺以上に多湿状態になります。体温上昇により汗も蒸発しにくくなり、マスクも湿った状態になります。

空気がマスクを通りにくくなることなどからマスクのバリア機能は低下してしまい、感染予防効果自体も低下してしまいます。汗をかきやすい季節は特に、一枚のマスクを一日中使うのは避けたいものです。

■マスクをつけるべき場所・外してよい場所……「適宜判断すること」が大切
マスクを1日中つけておくのは現実的に難しいでしょう。食事や水分補給などの必要時はもちろん、人に感染させる心配がないときには外してもよいと考えるべきです。屋外でも屋内でも、一般的な環境では、周りに人がいないのならマスクを外してもよいでしょう。人がいても、換気がよい場所、密室でない場所などでは、周りの状況をみてマスクを外すことができることもあると思います。

反対に、人がまばらでも屋内の換気の悪い場所や、屋外でも人混みに行くときには、マスクを外さないほうがよいでしょう(ただし、可能ならそうした場所に行くのが不要不急であれば、避けた方が感染リスクは減らせます)。

「人目が気になるから、とにかくマスク」と思考停止するのではなく、「何のためのマスクなのか」「今外しても大丈夫そうか」を適宜考え、判断することが大切です。

熱中症予防のためには、適宜マスクを外して水分補給をしておきたいものです。マスクをつけていて気分が悪くなったときには、なるべく人の少ない開放的な場所で、しばらくマスクを外して休憩した方がよいかもしれません。マスクの中も換気するイメージです。咳やくしゃみのときは、ハンカチやティッシュで口元を押さえて咳エチケットを忘れなければ大丈夫です。

■マスクの効果だけを過信せず、総合的な感染対策を
感染対策でできることはマスクだけではありません。マスクを外しているときも、食事前の手洗いを始め、アルコールでの消毒を含めた手指衛生は心がけたいものです。

また、本当ならサージカルマスクは使い捨てですので、「1回使用ごとに」交換するのが望ましいです。ただマスク不足でまだ1日のうちに付けたり外したりして同じマスクを使うのであれば、マスクを外したときには、内側が病原体に汚染されないように気をつけて扱いましょう。

マスクをしていないからといって、必ずしも感染するわけではありません。マスクを過信せずに、総合的に感染対策をすることが大切です。適切な免疫がはたらくように、普段から規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な睡眠を取るようにしてください。

▼清益 功浩プロフィール小児科医・アレルギー専門医。京都大学医学部卒業後、日本赤十字社和歌山医療センター、京都医療センターなどを経て、大阪府済生会中津病院にて小児科診療に従事。論文発表・学会報告多数。診察室に留まらず多くの方に正確な医療情報を届けたいと、インターネットやテレビ、書籍などでも数多くの情報発信を行っている。

清益 功浩(医師)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.