サイト内
ウェブ

間違ってない?柔軟剤の正しい使い方

  • 2018年7月11日
  • All About

多くの人が愛用している柔軟剤。でも意外と使いこなせていなくて効果が発揮できていない人や、間違った使い方をする人、「家電に使える?」など巷の噂に翻弄される人も! そこで、柔軟剤の基本やさらに上級のテクニック、噂のウソホントなどを、花王で柔軟剤のマーケティングを担当している水町さんに教えていただきました。

■タオルを硬くする犯人は水! 柔らか仕上げのメカニズム
新品のタオルがふんわり柔らかなのは、繊維がやせていないから。何度も使用し、洗濯を繰り返すうちに、繊維は劣化し、表面が荒れてゴワゴワになっていきます。その感触がイヤだという悩みを解決してくれるのが、柔軟仕上げ剤(以下、柔軟剤)です。

柔軟剤は、「陽イオン系界面活性剤」という主成分の作用で、繊維表面にムラなく吸着して保護膜で覆い、繊維同士のすべりをよくすることで、ふんわり柔らかな感触に仕上げます。

水町さんによると、「近年、繊維を固め、乾燥時にゴワゴワした感触をもたらす原因は『水』だということが私たちの研究でわかりました。そこで、少量で効果的に水が繊維を硬くする作用をおさえる柔軟成分を新たに開発しました」とのこと。なんと、ゴワゴワの犯人は水だったのですね!

■柔軟剤の静電気防止効果って?
衣類もカーテンやソファカバーなどのファブリック類も今は化学繊維が多くを占めますが、化学繊維は静電気を帯びやすいのが欠点。柔軟剤には静電気防止作用もあるので、冬場は特に助かります。

ただ、この効果のために特別な成分が添加されていると思っている人もいますが……?

「それは柔軟剤に配合されている様々な成分の作用によるものです。すべりがよくなるので、摩擦で発生する静電気を押さえることができるのです」とのこと。ふわふわ感と一緒にもたらされたうれしい副産物だったんですね。

ところで静電気にはホコリや汚れなどを吸着しやすくする困った作用も。水町さんによると、柔軟剤のワンランク上の使い方として、この静電気防止作用を利用した花粉症対策がおすすめとのこと。

「静電気はホコリだけでなく花粉も吸着しやすくするので、衣類だけでなく、カーテンやソファカバー、玄関マットなど面積の大きなファブリックにも柔軟剤を使って吸着防止策をとっておくとよいですよ」。花粉が気になる方はぜひシーズン前に対策をしておくとよいですね。

■香りをコロン代わりに
柔軟剤は香りで選ぶ、と言う人は多いのではないでしょうか?「女の子はこれ」「パパのはこれ」など柔軟剤の香りを使い分ける家庭があったり、「香水は苦手だけど柔軟剤の香りはOK」という、「コロン代わり派の男性」も増えているとか。室内干しをすることが多い私の家でも、干しながら部屋が香って心地よいので柔軟剤を使っている面もあります。

最近の柔軟剤は以前よりも香りが長続きするものが続々と登場し、中には乾いた後に汗などの水分や摩擦に反応して香るという商品も。汗臭くなる季節には助かりそうですね。

さらに上手なおすすめ使用法を聞くと、「ルームフレグランスとして、面積の大きなファブリック類や、洗面所やトイレのタオルなど表に出るものに使うとよいですよ」と水町さん。ほのかな香りだから来客時にも嫌味なく演出できるし、洗濯して綺麗な状態なのですから、これはよいですね。

ただし、香りに懲りすぎて数種の柔軟剤をブレンドするのは、元々ブレンドされている柔軟剤の香りのバランスを崩すのでおすすめではないそうですよ。

■抗菌タイプや超コンパクト柔軟剤も!
昼間は多忙なので洗濯は夜にするという人が増えています。乾きにくい夜の室内干し派にとって生乾きの臭いは以前に増して気になるところです。なんと、洗剤や消臭スプレーだけでなく、柔軟剤にも抗菌効果のあるものが! 乾かす時の臭いが気になる人は取り入れてみてもよいですね。

また洗剤同様、柔軟剤もコンパクト化がどんどん進んでいて、従来の半分程度の使用量で柔軟効果を発揮するものも出ています。運送時や廃棄時のエネルギー削減というエコ的な面もありますが、使い手の私たちには、仕事帰りに買って帰る時でも重たくないのがうれしいところ。香りだけでない選び方があることも知っておくとよいでしょう。

■柔軟剤のウワサ
ところで、柔軟剤に関する裏ワザの話を耳にしたことはありませんか? 私も気になる裏ワザがいくつかあったので、水町さんに直撃質問してみました。

Q:薄めて家電を拭くと、家電の静電気防止になりホコリがつきにくくなる?
そのような効果は認められていません。家電の破損につながる恐れがあります。

Q:たくさん入れると効果が上がる?
「柔軟効果」や「香りの強さ」は、たくさん入れた方がアップしますが、使用量は守った方がよいです。多く入れすぎると、吸水性が悪くなることがあります。現在は、少量で効果が高い超コンパクトタイプの柔軟剤もあります。

Q:クエン酸やお酢が柔軟剤代わりになる?
“洗濯石けん”が主流だったころ、洗濯石けんのアルカリを中和させて仕上がりをよくするのに使われましたが、現在主流の合成洗剤ではそのような効果はありません。

いかがでしたか? 衣類を柔らかくしようとする行為は、日本では「きぬた」という木槌で布を打っていた奈良時代にまでさかのぼるとか。着心地のよさはいつの時代も気になりますね。水町さんによると今のような柔軟剤は1960年代から登場し、今も進化し続けているのだそうです。柔軟剤をもっと上手に使いこなせばお洗濯だけでなく日々の暮らしがさらに快適になります。今の使い方を見直してみましょう!

毎田 祥子

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.