サイト内
ウェブ

こんなにあった! 映画をお得に観る方法

  • 2017年4月14日
  • All About

■意外と知らない映画の割引


昔に比べると“映画館で映画を観る”ということは娯楽の中での順位が低くなっていますが、最近は映像技術も音響技術も進化しているため、映画館の大画面で観ることの価値があがってきています。

一般的な映画の料金は1800円。これがもう少し安くなれば観る本数も増えるという人もいるのではないでしょうか。今回は映画館で映画を割引価格で観られる方法を、

1.知らないだけで身近にたくさんある映画の割引サービス
2.様々な大手.映画館が行っているサービス

以上の2点に分けてご紹介します。

1.知らないだけで身近にたくさんある映画の割引サービス

■映画館の公式ホームページのチェック
まずやっておきたいのが映画館の公式ホームページのチェック。映画館が行っているサービスを掲載しています。曜日の割引やレディースデイ、シニア割り、レイトショー、時間帯割引などさまざまなものがあるので、ひとまずチェックしてみてください。

最近ではクーポンが掲載されていることもあります。映画を観に行くことが決まったら、上映時間のチェックとともに割引クーポンがないかも探してみましょう。

■ドコモチューズデーで映画が1100円
スマートフォンや携帯をdocomoで契約している人は必見です。docomo利用者であれば誰でも加入できるdポイントクラブ。入会金、年会費ともに無料でいろいろなクーポンが発行されます。

イオンシネマでは毎週火曜日に、ドコモチューズデーとしてこのクーポンを見せるとdポイントクラブ会員と同伴者1名までが1100円で観ることができます。対象となるステージ(加入年数やポイント数)はドコモチューズデーのサイトでご確認ください。

■auスマートパスでも映画割引
auで契約している人はauスマートパスがオススメ。こちらは月額372円の会員制サービスでファストフードのクーポンやスマホアプリの無料ダウンロードなど様々なサービスを展開しています。

映画の割引も以下のような割引があります。なお、月額562円[税別]のビデオパスでも同様のサービスを受けることができます。

・TOHOシネマズ 毎週月曜日 1800円→1100円
・ユナイテッド・シネマ、シネプレックス 曜日問わず 1800円→1400円

■頻繁に映画を観る人ならデイリーPlus会員になる
デイリーPlusとは月額540円の会員制割引優待サービスです。映画をはじめ遊園地などのレジャー施設やレンタカーの割引、宿泊、美容院、グルメなどさまざまな分野での割引クーポンがあります。

映画館も多く提携し、月や作品によって多少の金額の変動もありますが、目安としては以下のような金額になります。

・イオンシネマ 1800円→1300円
・TOHOシネマズ 利用チケット 1800円→1500円
・109シネマズ&ムービル シネマチケット 1800円→1300円
・ユナイテッド・シネマ、シネプレックス 特別鑑賞券 一般 1800円→1300円

いろいろな映画館を利用でき、月2本以上観るという方にはオススメです。

■エポスカードを作る
エポスカードとは丸井の子会社が運営する入会金・年会費永年無料のクレジットカードです。特徴的なのはいくつもの映画館に渡って割引サービスがあるということ。様々な映画館を利用する場合は、1枚持っていると節約になります。

・ユナイテッド・シネマ/シネプレックス 一般1800円→1300円(曜日不問)
・イオンシネマ 一般1800円→1300円(曜日不問)
・チネチッタ 当日窓口で一般料金から300円割引
・新宿バルト9 一般1800円→1300円(曜日不問)
・キネマ旬報シネマ 一般料金より300円割引
・ヒューマントラストシネマ有楽町 一般料金1800円→1400円

■必ず観るなら前売り券の購入で節約
必ず観ると決めている映画の場合は、前売り券を購入しておくと節約になります。多くの場合1800円が1400円に。前売り券の場合は、曜日や日付を関係なく利用できる点で忙しい人でも利用しやすい割引サービスです。

また最近では前売り券に特典のグッズがついているものもあります。

■名作が1100円! 午前10時の映画祭で名画を観る
“午前10時の映画祭”とは「一般社団法人 映画演劇文化協会」が運営している企画で、洋画の名作を映画館で午前10時から上映するというものです。料金は一般1100円。期間を限定して開催されています。

上映される作品は映画評論家のおすぎ氏や、映画評論家でありコラムニストの町山智浩氏など映画を知り尽くした人たちが選定しているので名作ばかり。映画ファン必見の企画です。


2.様々な大手.映画館が行っているサービス

映画館別の割引サービスです。いずれも一般料金1800円に対しての割引価格となります。

■イオンシネマの割引
・毎月20日30日?イオンカードで決済、もしくは提示すると毎月20日と30日1100円
・ハッピーファースト 毎月1日 1100円
・ハッピーマンデー 毎週月曜日 1100円
・ハッピーモーニング 毎日10時までに上映を開始する映画は1300円
・ハッピーナイト 毎日20時以降に上映を開始する映画は1300円
・ハッピー55 55歳以上 1100円
・夫婦50割 夫婦のどちらかが50歳以上の場合はふたりで2200円

■109シネマズの割引
・109シネマズポイントカード
入会金1000円、年会費は無料。劇場カウンターやオンラインチケット購入システムでチケットを購入すると1枚につき1ポイント付与され6ポイントたまると映画を1本無料で観られます。また入会時には2ポイントプレゼント。

・エグゼクティブシート 2500円が通常料金
・シネマポイントカードディ 毎週火曜日1300円
・ポイント会員感謝の日 毎月19日 1100円
・シニア割引 60歳以上の方 1100円
・109シネマズの日 毎月10日 1100円
・レイトショー 20時以降の上映開始 1300円
・レディースデー 女性は毎週水曜日 1100円
・夫婦50割引 夫婦のどちらかが50歳以上だとふたりで2200円
・ペアデイ 毎月22日 男女ペアは2200円

■TOHOシネマズの割引
・シネマイレージカード
クレジットカード機能がついたものは初年度無料、2年目以降年会費300円。クレジット機能なしは初年度500円、更新時300円。6回観たら1回無料。

・シネマイレージ(R)デイ 毎週火曜日?シネマポイントカード提示 1800円→1400円
・TOHOシネマズデイ?毎月14日 1100円
・ファーストデイ?毎月1日 1100円
・レディースデイ?女性 毎週水曜日 1100円
・シニア割引?60歳以上の方 1100円
・夫婦50割引?夫婦のどちらかが50歳以上の場合 ふたりで2200円
・レイトショー?毎日20時以降 1300円

■ユナイテッド・シネマの割引
・クラブ スパイス
入会金500円更新手数料500円。更新時に1000円で鑑賞できるクーポンが1枚もらえます。6回観ると1回無料。また毎週金曜日は1000円

・レイトショー?毎日20時以降 1300円
・レディースデー?女性は毎週水曜日 1100円
・映画の日?毎月1日 1100円
・シニア割引?60歳以上の方 1100円
・夫婦50割引?夫婦のどちらかが50歳以上 ふたりで2200円
・高校生友情プライス?高校生3人以上 1人1500円→1000円

■松竹系・MOVIX 割引
・SMTmembers
入会金・年会費無料、カード発行料100円。6回観ると1回無料。また1回観ると60日有効の次回割引クーポンが発行され、窓口購入で1300円、ネット購入で1200円で鑑賞することができます。

誕生日を登録しておくと誕生日クーポンが発行され60日位内であれば1000円で観ることが可能です。

・シニア割引?60歳以上 1100円
・ファーストデイ?毎月1日 1100円
・レディースデイ?女性は毎週水曜日 1100円
・モーニングファーストショー?平日の午前中1回目の上映 1300円
・MOVIXデイ?毎月20日 1100円
・夫婦50割引?どちらかが50歳以上ならふたりで2200円

このように、映画の割引は意識してみると、意外なところでたくさん行われています。自分の使っている携帯や、カードのサービス、映画館割引などを確認しておくといいですよ。

※各映画館とも3Dなどの上映作品は別途料金が必要です
※ポイントサービスは各サービスによって有効期限がありますのでご確認ください
※映画館によっては一部地域でサービス内容が異なる場合があります
※年齢で割引されるものは証明が必要となります

矢野 きくの

関連タグ
省エネ
まちグルメ
All About

キーワードからさがす

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.