ブレないルールがある! お金が貯まる4つのポイント

  • 2017年2月14日
  • All About

■お金が貯まる人には、ぶれないルールが存在している
お金が貯まる人は、多くは「お金との接し方」が上手と言えます。たとえば、自分なりの貯金のルールが存在し、長年継続しているなどです。

私のところに質問に来たお金が貯まる人は、32歳、独身、年収440万円ほどなのに、貯金はすでに900万円強。聞けば、毎月給料の15%ほどを貯金し、ボーナスも7割は貯金しているというルールを、働き始めてから継続しているのです。継続は力なり、という感じですよね。決してケチケチせず、生活も楽しんでいます。

お金が貯まる人には、4つのポイントというか、考え方、心構えがあります。それはどのようなものか、お話ししていきます。

■1.常に「今」をしっかりと見る
お金が貯まる人は、決してみんなが10年、20年先を見据えて貯金しているわけではないのです。もちろん、老後のためとか、教育資金とか、将来的な目標を定めて貯金に取り組むことも当然にありますが、そこでのポイントは、「将来のために今を犠牲にしない」ということ。

こういうと「無理して貯金する必要はないんだ」と思われそうですが、違います。「今」をしっかりと見ていくことが、将来へ向けての積み重ねになるということです。

例えば、今お金がない、ということは、今までお金を意識してこなかったことの結果。お金がないことが積み重なって、将来的にもお金がないのであれば、それは「今をいい加減に過ごした結果」と言えます。お金が貯められる、貯まっている状態の人は、将来を考えて今を大切に生きています。「今の積み重ねの結果として将来を考えている」のです。

また、将来を考えて今を犠牲にするという場合もあると思いますが、これはバランスを欠き、どこかでせっかく貯めたお金を失うことにつながりかねません。

お金の使い方の判断は、今それが本当に必要なのかを考えてしっかりとする。常に自分の足元を見る堅実な姿勢やお金を使うバランス感覚が、資産形成には必要な要素です。

■2.人生を長い目で、ポジティブに!
「人生を長い目で捉えることがうまい」というのも、お金を無理なく貯められる人の共通点。たとえば、「ボーナスが減って旅行にも行けない」と落ち込み「自分は何のために働いているんだ?」とネガティブに考えるのが、貯められない人の思考の傾向です。

貯められる人は、旅行するのもいいけれど、旅行シーズンはどこも混んでいるし、旅費や宿代も高い、「だったら時期をずらして、もっとお得な季節に旅行しよう」と、ポジティブに考えます。

「どこにも行かない」という結果は同じですが、そこに至るまでの思考や判断のプロセスがまったく違います。そのため受けるストレスや負担に大きな差が生じます。ネガティブに考える人は、精神的イライラから無駄遣いをし、ポジティブに考える人は、お金を有意義に使うため貯金が増える。こんなことの繰り返しが、貯まる生き方ができるかどうかの別れ道になるのです。

お金の使い方は、考え方次第で変えられる部分が実は非常に大きいもの。ポジティブに考えていく習慣ができれば、将来的にもポジティブにお金を貯めていけます。

■3.「人生は長期戦だ」と考える人にお金は微笑む
人生には良い時期、悪い時期があると思います。良い時期に甘んじていると、悪い時期にはとことん悪くなってしまう、というようなことは、昔話などでもよく見かけます。

家計(お金)においても同じです。たとえば、投資で儲けたなど、不意にお金ができたとしましょう。とてもうれしいことですが、多くの人は、ここで「自分はお金持ちになった」と勘違いしてしまいがちです。でもその感覚は危険です。一時的にたまたまうまく行っただけの話であり、むしろ、非常に不安定で脆弱な状態であることの方が圧倒的に多いのに、勘違いした人は、慢心して怠けたり、不要なことを始めてしまったりします。だから真の金持ちにはなれないのです。

人生は長期戦と考えて、悪い時の穴埋めができる準備も計画したお金の使い方ができると、お金があなたに微笑みます。

■4.使っていいお金の費目を考え、自分の価値観を作っていく
自分の価値観を作るといわれると、難しいと感じるかもしれません。ですが実は意外と簡単に訓練ができます。たとえば今月、2万円の交際費と2万円の洋服代の出費。あなたはどちらが嫌だと感じるでしょうか。同様に、2万円の携帯電話料の支払いと2万円の食費では、どちらが気になりますか? こういった自問自答を何度も何度も繰り返してみるだけで、自分の価値観を作る訓練になります。

「どの費目なら使ってもいいと思うか」「払いたくないのはどの費目か」「どれくらいの金額までなら使ってもいいと思うか」などを家計の中で比較検討していくというトレーニングを繰り返せば、自分なりの価値観ができ、自分軸が形成されていきます。

そうしていくと、基準が目の前にある数字ベースの「価格」から、「価値」へと変化するでしょう。この不安定な時代こそ、価格ではなく価値を大切にし、判断基準としたいですね。

価値観が出来上がれば、お金に振り回されず、気持ちよく使い、ストレスなく節約ややり繰りができるようになるでしょう。自分軸を持てば、お金はもっと楽に貯められるようになります。それはどんな時代でも共通するのです。

横山 光昭

関連タグ
省エネ
All About

キーワードからさがす



掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.