サイト内
ウェブ

「現役時代にもっと……」年金が月12万円、貯蓄300万円の64歳男性が語る後悔

  • 2024年6月23日
  • All About

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、福岡県在住64歳男性のケースを紹介します。
老後の心配事といえば、やはりお金ではないでしょうか。もっと稼いでおけば良かったと、現役時代の自分の働きぶりを後悔している人もいるようです。All About編集部が実施したアンケート調査から、福岡県在住64歳男性のケースをご紹介します。

■回答者プロフィール
回答者本人:64歳男性
家族構成:既婚(子あり)
居住地:福岡県
現役時代の雇用形態:正社員
現役時代の最大年収:40代、年収400万円
現在の貯蓄額:300万円
現役時代に加入していた公的年金の種類と加入年数:厚生年金33年

■現在受給している年金額(月額)
老齢基礎年金(国民年金):4万円
老齢厚生年金(厚生年金):8万円
障害基礎年金や障害厚生年金(障害年金):なし
遺族基礎年金や遺族厚生年金(遺族年金):なし
その他(企業年金や個人年金保険など):なし

■「年金だけで暮らすにはもう少し必要です」
現在の年金額に満足しているかを聞くと、「満足していない」と回答した男性。「貯蓄額が少ないので今の年金受給額には不満です」と話しています。現在も製造業で働いていて、月収は18万円とのことです。

■「仕事に熱心に取り組んでおけばよかった」
現役時代の後悔について伺うと「もっと仕事に熱心に取り組んでおけばよかった」と回想する男性。そうしていればもっと年収が上がっていて、その分貯蓄ができていた、ということかもしれません。

■「孫には甘くなり支出額はどうしても増えてしまいます」
現在の年金暮らしで工夫している節約術は「家庭菜園で野菜を作って、食費の節約をしています」とのこと。

今後については「子どもも自分たちの力で親の援助を受けることなく家を建てました。少しは援助しましたが、額が少なくて済んで助かりました。現在は働いているので、冠婚葬祭はどうしようもありませんが、節約できるところは節約して、少しでも貯蓄額を増やすように努めています。しかし孫には甘くなり支出額はどうしても増えてしまいます」と語ってくれました。

※カッコ内の回答者コメントは原文ママです
※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません

あるじゃん 編集部

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.