サイト内
ウェブ

「日本人の食事摂取基準」とは? 厚労省、2020年版報告書を公表

  • 2019年12月25日
  • Aging Style

厚生労働省は24日、令和2年度(2020年度)から使用する「日本人の食事摂取基準(2020年版)」について、策定検討会が取りまとめた報告書を公表した。

「日本人の食事摂取基準」は、健康な個人と集団を対象として、健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギーや栄養素の量などの基準をまとめたものだ。前身は1970年にスタートした「日本人の栄養所要量」。2004年に「日本人の食事摂取基準」として改定された後は、食生活の変化や最新の研究成果に基づき5年ごとに改定され現行の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に至っている。

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、健康の保持・増進、生活習慣病の発症予防と重症化予防という2015年版の目的を基本的に踏襲しつつ、若年層の生活習慣病予防や高齢者のフレイル予防については新たな基準などが盛り込まれた。特に高齢者については、咀嚼能力の低下、消化・吸収率の低下、運動量の低下に伴う摂取量の低下などの問題を指摘。その上で、これらは個人差の大きいことや、多くの高齢者が何らかの疾患を有している点を踏まえ、年齢だけでなく、個人の特徴に十分に注意を払うことが必要だとしている。厚労省は今回の報告書に基づき、今年度中に2020年版の基準を告示する予定だ。

「日本人の食事摂取基準」は、主に保健所や医療機関で行われる栄養指導や学校などの給食調理で栄養士をはじめとする専門家が科学的根拠として参考にするものだが、若年層の生活習慣病予防や高齢者のフレイル予防など、策定方針・総論など内容の一部は一般家庭での食事を考える上でも参考になるだろう。

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」【主な改定のポイント】

○活力ある健康長寿社会の実現に向けて
・きめ細かな栄養施策を推進する観点から、50歳以上について、より細かな年齢区分による摂取基準を設定。
・高齢者のフレイル予防の観点から、総エネルギー量に占めるべきたんぱく質由来エネルギー量の割合(%エネルギー)について、65歳以上の目標量の下限を13%エネルギーから15%エネルギーに引き上げ。
・若いうちからの生活習慣病予防を推進するため、以下の対応を実施。
 - 飽和脂肪酸、カリウムについて、小児の目標量を新たに設定。
 - ナトリウム(食塩相当量)について、成人の目標量を0.5 g/日引き下げるとともに、高血圧及び慢性腎臓病(CKD)の重症化予防を目的とした量として、新たに6g/日未満と設定。
 - コレステロールについて、脂質異常症の重症化予防を目的とした量として、新たに200 mg/日未満に留めることが望ましいことを記載。

○EBPM(Evidence Based Policy Making:根拠に基づく政策立案)の更なる推進に向けて
・食事摂取基準を利用する専門職等の理解の一助となるよう、目標量のエビデンスレベルを対象栄養素ごとに新たに設定。

【参考】
厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html

医師・専門家が監修「Aging Style」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Aging Style. 2020 All Rights Reserved.