サイト内
ウェブ

おはなしボノロン おはなしボノロン

三石琴乃(みついしことの)さん

『美少女戦士セーラームーン』シリーズの月野うさぎ役や『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役など数々のアニメ・ナレーションで活躍中!2021年『リコカツ』(TBS)では、初の連続テレビドラマレギュラー出演を果たしました。

スペシャルインタビュー スペシャルインタビュー

編集部   三石琴乃さん

『フォロンをさがしての巻』はいかがでしたか?

ボノロンに会ってみたいなと思いながら読みました。お話につられて、自分も口の中が辛いような気がしています(笑)。甘いものが食べたくなりました。

これまでに絵本を読むことはありましたか?

絵本は子どもが小さい頃にいろいろ読み聞かせていました。『いないいないばあ』(童心社)や『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社)、『ねないこだれだ』(福音館書店)は今も大事に本棚にしまってあります。
そのうち、大人向けの絵本にも興味が出てきて『ぼくを探しに』(講談社)、『きつねのおきゃくさま』(サンリード)、なども読みました。感動して、読み聞かせながら私が号泣してしまうこともありました。『おおきな木』(あすなろ書房)も、ガーンと大きな衝撃を受けた一冊です。

お子さまとたくさんの絵本を読んでこられたのですね!

フィクションを幼少時代に浴びているのといないのでは、大人になった時にエンターテイメントを楽しめるかどうか違いがあると聞いたことがあります。子どもの頃から創作の物語に触れていると、映画や舞台・ミュージカルなどを作り物として楽しむ心が育まれるそうです。そのため、絵本は積極的に読むようにしていました。

なるほど、絵本は子どもがはじめて触れる創作物ですね。

幼少期に創作物に親しむことは、それからの人生で趣味を見つけた時「楽しめる」心の幅を広げてくれる気がします。

読み聞かせと普段の声のお仕事と違うところはありましたか?

全てひとりで読むこと以外、それほど違いはないと感じました。今回はキャラクターごとの特徴を強めにつけて読みましたが、限定したニュアンスをつけないフラットな手法もあると思います。家庭での読み聞かせでは、子どもが「この言葉はこういう気持ちなのかな」と想像できる余地を残しながら読んでいました。

感情移入しすぎない読み聞かせが想像力を育むという見解もありますね。ところで、三石さんが今後挑戦してみたい役柄やお仕事はございますか?

いつか『まんが日本昔ばなし』(MBS)のような作品に挑戦してみたいと思っています。子どもの頃にテレビで見ていて、善と悪、罪と罰、因果応報をここで学びました。たったふたりの役者さんで演じていたことを後に知って感動しました。

三石さんの日本昔ばなし、ぜひ聞いてみたいです!最後の質問です。もしボノロンが目の前にあらわれたら、どんなお願いをしますか?

今ボノロンにお願いしたいことはただひとつ…。新型コロナウィルスを根絶してもらいたいですね。例えばコロナウィルスを食べてしまうウィルスとか、中和するウィルスを連れてきてほしいです。 人と顔を合わせて笑い話ができる状況が、1日でも早く訪れるようにと願うばかりです。

世界中の人がきっと同じ願いですね。ありがとうございました。



ボノロンといっしょ。プロジェクト
『森の戦士ボノロン』
文・北原星望 絵・永山ゴウ プロデュース・原哲夫
(C)コアミックス, (C)ボノロンといっしょ。2007
COAMIX

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。