サイト内
ウェブ

おはなしボノロン おはなしボノロン

銀河万丈さん

アニメ『北斗の拳』(CX)のサウザー役等、悪役でも威厳のある声で魅了する銀河さんがボノロンを読み聞かせます!『開運!!なんでも鑑定団』(TX)のナレーションや映画吹き替えでも大活躍中です。

スペシャルインタビュー スペシャルインタビュー

  銀河万丈

いつも『北斗の拳』ならびに『北斗の拳 イチゴ味』ではお世話になっております!(銀河さんは同アニメ作品に登場する「サウザー」の声を担当しています)原哲夫先生つながりのご縁でボノロンをお願い出来て光栄です。『リヨばぁからの手紙の巻』はいかがでしたか?

心にきゅんときました。絶対的な味方…例えばお母さんもそうですが、どんなことがあっても理屈抜きで味方でいてくれる存在がいないと、人は上手に生きていけないと思います。愛情を感じられないまま育ったという言葉の裏は、こういった存在が必要だったということですよね。抱きしめてくれる誰かの存在は、すごく大事だと思います。

トノイの場合は、肉親ではなく育ての親でしたが、決して血がつながっていなくても、見ている誰かがいることで救われましたね。銀河さんのそういった存在はどなたですか?

子どもの頃は…やはり両親、特に母親の存在が大きかったと思います。

大人になると、親へ感謝の気持ちを伝えることが気恥ずかしくなることもありますが、銀河さんはどうでしょうか?

照れくさいと感じる時期を過ぎて、年を重ねてからの方がちゃんと伝えられるようになれる気がします。今回のお話で言うと、トノイもリヨばぁと同じくらいの年代になった時にやっと素直に自分の気持ちを伝えることが出来るようになりましたね。

なるほど、親と同じくらいの時間を生きると、ようやく語れるんですね。「手紙」が登場しましたが、銀河さんが最近手紙を受け取ったり、手紙を書いたエピソードはありますか?

そうですね…。最近、御丁寧なファンレターをいただいたのでお返事を書かなければ、ということを今思い出しました。早速書こうと思います(笑)。

それは、ファンの方にはうれしいお話ですね!これまでに、身近な方に手紙で気持ちを伝えられたことはありましたか?

むかしは…これでもラブレターを書いたこともありました。大むかしですよ。最近は全くありません。

わー!ラブレター!プレゼントといっしょに、ですか?

いえ、手紙だけでした。その時は一生懸命に、とにかく書かなきゃ!とムキになっていましたね。

すてきです!その結果は?

世の中は思いどおりにならないものです(笑)

ところで、いつもはアニメ声優やナレーションのお仕事をされていますが、絵本の読み聞かせはどうでしたか?

いつもは大人向けの語りかけが多いので、言葉のスピードやニュアンスを現実に近づけてリアルにすることを心掛けているのですが、小さな子供さんを含む不特定多数に向けてとなると、どの年代に合わせればいいか難しいなと思いました。読みながら、早くなり過ぎないように気をつけましたが・・・。

ボノロンが目の前にいるような、本当に迫力のある読み聞かせでした!最後の質問ですが、もしボノロンに出会えたらどんなお願いをしますか?

実は…今、足を傷めてしまっているので…ボノロンになおしてもらいたいです。世のため人のためのお願いじゃなくてすみません。切羽詰まってまして・・・あーあ、俗物だな。

それは大変ですね!ボノロン、銀河さんに薬草をお願いします!!どうぞ、お大事になさってください!


ボノロンといっしょ。プロジェクト
『森の戦士ボノロン』
文・北原星望 絵・永山ゴウ プロデュース・原哲夫
(C)NSP2005, (C)ボノロンといっしょ。2007
COAMIX North Stars Pictures

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。