サイト内
ウェブ

おはなしボノロン おはなしボノロン

ピオニの桜の巻

ピオニの桜の巻
むかしむかし――――
山じゅうの桜が満開のなか、まだ花を咲かせていない桜の巨木がありました。巨木の開花を楽しみに帰ってきた村の娘ピオニは残念に思います。
お母さんのチズと、婚約者のレアを連れて三人は巨木までやってきました。そこにはなくなったお父さんのおはかがあります。厳しくて無口だったお父さんをきらっていたピオニ。そこへ、おはかまいりにやってきた村人から思いがけない話を聞きます。

よみきかせ役 恒松あゆみさんにインタビュー

恒松あゆみさん

恒松あゆみさん
『機動戦士ガンダムOO』(TBS)のマリナ・イスマイール役など数々のアニメをはじめ、外画吹き替えやテレビナレーションで活躍中!

続きを読む

キャラクター紹介 キャラクター紹介

ボノロン
ボノロン
タスムンの森に住む、森の戦士。困っている人が巨木に落とした涙は木の根をつたって、ボノロンのもとに届きます。すると心やさしいボノロンは地上にやってきて、問題をいっしょに解決してくれます。
ゴン
ゴン
むかし、ボノロンに助けられてからずっといっしょ。ボノロンの一番の友だちです。人間の言葉が分かり、声まねが得意な犬。ちょっとおっちょこちょいだけど、とても優しい心の持ち主です。
カラス
ピオニ
少し気の強い女性。お父さんがきらいで村を出て行きましたが、年に一度、故郷の桜の巨木が咲く頃に帰ってきます。
チズ
チズ
ピオニの母親。ピオニの結婚を喜んでいます。
レア
レア
ピオニの婚約者。ピオニのよき理解者です。

前回のよみきかせ役 前回のよみきかせ役

三瓶由布子さん
第95弾 三瓶由布子さん
炭やき小屋のカラスの巻
むかしむかし――――
炭を売り歩く“カラス”と呼ばれる少年がいました。なぜなら、少年は炭をやくけむりでからだじゅうまっくろだったからです。くつ屋の青年や村の子どもたちからいやがらせをされ、巨木に涙を落としたカラス。その願いは「友だちがほしい」でした。
絵本をひらく
  
スペシャルインタビュー

バックナンバーはこちら>

ボノロンといっしょ。プロジェクト
『森の戦士ボノロン』
文・北原星望 絵・永山ゴウ プロデュース・原哲夫
(C)コアミックス, (C)ボノロンといっしょ。2007
COAMIX

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。