サイト内
ウェブ

おはなしボノロン おはなしボノロン

ナギの葉のきずなの巻

ナギの葉のきずなの巻
むかしむかし――――
雪のふるさむい日のことでした。ナギの巨木の下で、ひとりの兵士がたおれていました。 それを見つけたサーヤは兵士を家へはこび、手あてをしてあげました。兵士はいしきをとりもどしますが、それまでの記憶をなくしてしまっているようです。サーヤは兵士に「ナギ」と名前をつけてあげました。
そして夫婦になり、しあわせにくらしていたふたり。しかし、サーヤは巨木に悲しみの涙を落とすのです…。

よみきかせ役 緑川光さんにインタビュー

三石琴乃さん

緑川光さん
『機動新世紀ガンダムW』(EX)ヒイロ・ユイ役、『SK∞エスケーエイト』(ABC)桜屋敷薫〈Cherry blossom〉役、『プラチナエンド』(TBS)バルタ役等で大活躍中!

続きを読む

キャラクター紹介 キャラクター紹介

ボノロン
ボノロン
タスムンの森に住む、森の戦士。困っている人が巨木に落とした涙は木の根をつたって、ボノロンのもとに届きます。するとボノロンは地上にやってきて、問題をいっしょに解決してくれます。
ゴン
ゴン
むかし、ボノロンに助けられてからずっといっしょ。ボノロンの一番の友だちです。人間の言葉が分かり、声まねが得意な犬。ちょっとおっちょこちょいだけど、とても優しい心の持ち主です。
サーヤ
サーヤ
雪の中たおれていた兵士を介抱し、命を助けた心やさしい女性。兵士にナギと名前をつけ、やがて夫婦となります。
ナギ
ナギ
傷を負い、記憶をなくした兵士。サーヤにナギと名前をもらい、草原でいっしょに暮らしています。

前回のよみきかせ役 前回のよみきかせ役

三石琴乃さん
第98弾 三石琴乃さん
フォロンをさがしての巻
むかしむかし――――
火山のふもとにクスの巨木がありました。巨木のそばのまずしい村に、少年ヨーンが母親のマルテとふたりでくらしていました。
マルテは病気にかかっていて、ヨーンに薬草「フォロン」をさがしてくるように言いつけます。見わたすかぎりの山に登っても見つからないフォロン。ヨーンは涙を流しました。
絵本をひらく
  
スペシャルインタビュー

バックナンバーはこちら>

ボノロンといっしょ。プロジェクト
『森の戦士ボノロン』
文・北原星望 絵・永山ゴウ プロデュース・原哲夫
(C)コアミックス, (C)ボノロンといっしょ。2007
COAMIX

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。