ライフ東京全域のタクシー配車をひとつのアプリで、「スマホ de タッくん」が多摩地区に対応

  • ケータイ Watch
東京全域のタクシー配車をひとつのアプリで、「スマホ de タッくん」が多摩地区に対応

 東京ハイヤー・タクシー協会は、タクシー配車アプリ「スマホ de タッくん」のサービスを東京の多摩地域で開始し、東京都全域をサービスエリアとした。15日、サービスや今後の方針を説明する発表会を実施した。

 「スマホ de タッくん」は、東京都内20社のタクシー事業者・組合が加盟する共通配車アプリ。対応車両1万2000台超のタクシーをスマートフォンから呼び出せる。アプリはiOS/Android/Windowsに対応し、無料でダウンロードできる。配車時に、加盟タクシー会社が規定する迎車料金(400円程度)が発生する。

 今回、新たに多摩地区の事業者(954台)が参加したことで、東京都の全エリアをカバーした。23区の法人タクシーでは55%、多摩地区では31%が「スマホ de タッくん」の対応車両となっている。

 昨年12月より、配車依頼時に車両の色(黒塗りかどうか)やエコカーやどうかを指定できるようになったが、今回タクシーグループの選択できるようになり、タクシーチケットや電子マネー対応など、決済方法に応じて利用する事業者を選ぶ、といった使い方が可能となった。

 また、アイホン製の住宅インターホンから、スマートフォンなしでタクシーを呼び出せるサービスの提供も開始。今後、病院やホテル向けに同様システムを導入していくという。

□ 「Uber」を意識

 「スマホ de タッくん」は、加盟事業者がそれぞれカバーが薄いエリアを補い合うことで、配車時の利便性を向上させている。直近では1カ月に1万3000回程度利用されており、東京都の1カ月のタクシー輸送回数(約110万回)のうちの1%となっている。

 今後、都内での加盟事業者を増やすとともに、東京の近隣三県(千葉・埼玉・神奈川)などへのエリア展開を進めていくという。

 東京ハイヤー・タクシー協会 会長の川鍋一朗氏は、現状、9割超が流しでの利用となっており、配車アプリによって予約での利用を増やすことが当面の課題とした。タクシー各社が提供しているアプリについて同氏は「手を取り合って友好的な関係を築いていきたい」と話す一方で、「諸外国から舶来物のアプリも上陸しているが、切磋琢磨していきたい」と、日本でサービスを開始した配車アプリ「Uber」について触れた。

 同協会の副会長 樽澤功氏は、「スマホ de タッくん」のタクシー事業者としての導入メリットとして「配車専門事業者のアプリでは売上の2割程度を手数料として支払う形が多いが、「スマホ de タッくん」では、かかった費用を各事業者の運用台数で按分する以上のコストはかからない」と説明した。

□ 個人のニーズに応じたタクシーへ

 “日本のタクシーの歴史は最初の60年間は右肩上り、そこから45年間は右肩下がりだった。しかし、時代が変わりつつある”――川鍋一朗会長は、タクシー配車アプリ「スマホ de タッくん」のリニューアル発表会の冒頭でこのように語った。

 タクシー市場の環境変化を「人口の減少による東京の過密化の緩和」「インバウンド需要の拡大」といった時代の要因の変化に加え、「スマートフォンを中心としたライフスタイル」が大きな要因となっていると分析した。「これからのタクシーはより個人のニーズにあわせた形に変化していく」とサービスの拡充を紹介し、「その中心に「スマホ de タッくん」がいるのは間違いない」とした。

 東京のタクシーが今後行っていくサービスとして、具体的には、初乗り区間を短縮して400円台〜利用できるようにする、1万台をユニバーサルデザイン対応の車両に置き換える、4万5千台の全車にタブレットを搭載し、多言語サービスを拡充していくなどの方策が示された。

 また、タクシーに乗車することでポイントが貯まるサービスもスタートする。「スマホ de タッくん」とは別のサービスとして、H2Hが運営する「time wallet」アプリと連携する。

 タクシー車内にビーコンを設置し、アプリをインストールしたスマートフォンで触れることで、乗車時間を測定する。乗車分数に応じてポイント「min」が貯まり、飲食店やカラオケでの割引やサービスに交換できるようになる。

 タクシーでの「time wallet」サービスは、多摩地区から展開していく。なお、タクシーの運賃は認可制ということもあり、貯めた「min」をタクシー料金に充当することはできない。

 $$null

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弊社は一切の責任を負いません。

ライフ新着記事一覧

新着記事一覧

キーワードからさがす