ライフ忙しい40男が朝ランニングをすべき理由

  • エディトゥール
忙しい40男が朝ランニングをすべき理由

社会人がランニングを行うなら、仕事終わりの夜か、就業前の朝というのが現実的。夜のランニングは、時間の制限がないので長い時間走れるほか、1日のストレスから解放されてリフレッシュできるというメリットが考えられる。では逆に、朝走ることで得られる利点とはなんだろうか? 朝ランニングの効果やメリットについて、フィジカルトレーナーの牧野仁さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
インストラクター、マラソン完走請負人
牧野仁さん

1967年生まれ、一般ランナーを完走に導く「マラソン完走請負人」。ランニングスクール「Japanマラソンクラブ」を主催。テレビ・雑誌で活躍するほか、『フルマラソンスタートBOOK』(エイ出版社)、『30代から始める男ランニング』(スタジオタッククリエイティブ)など、多数の著書を持つ、人気インストラクター。

朝ランニングで代謝がUP

牧野さん「朝は体の代謝が一番低い時間帯。そのタイミングでランニングをして体温を上げると、代謝もよくなります。結果、高い代謝を維持したまま一日を過ごすことができるので、脂肪燃焼効果が高まりダイエットにつながるのです。また、朝に陽の光をあびることを習慣にすると体内時計がリセットされるので、規則正しい生活にもつながり、日中も活発にすごすことができます」

ランニングの前の水分補給は必須

牧野さん「ダイエットや健康効果が期待できる朝ランニングですが、朝は代謝が低いぶん、実際に体を動かそうと思ったら一苦労。朝が苦手な人は、まずは5分の散歩から始めることをおすすめします。慣れてきたら、運動する時間を10分、20分と増やしていけばいいのです。最初のハードルが低いと、上達リズムも早くなり、達成感を味わえます。そうすると、無理なく朝の運動を続けることができるようになります。

また、朝はたいてい脱水状態なので、運動する前の水分補給は欠かせません。30分以上のランニングなど、ハードな運動をするのならオレンジジュースなどを飲んで糖分を摂取するといいでしょう。さらに脂肪燃焼効果を高めたいのなら、走る前にコーヒーなどでカフェインを摂るのもオススメです。一方、ランニング前の食事はNG。走ると腸が刺激されるので腹痛の原因になったり、走行中にトイレが近くなったりします」

冬場は体を十分に温める

「冬場に朝ランニングをするなら、布団から出る前にエアコンをかけるなどして室内を温めるようにしましょう。室内の温度が低く、体が冷たいと筋肉も縮こまり固まってしまっています。その状態のまま走ると、ケガの原因にもなるので注意が必要です」

最後にアドバイザーからひと言

「男性はついつい高い目標を設定して頑張ってしまいがち。しかし、三日坊主になっては意味がありません。無理のない範囲で続けることが大切です」

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弊社は一切の責任を負いません。

ライフ新着記事一覧

新着記事一覧

キーワードからさがす