ビジネス相模原で「南の国から」展 琉球諸島のカラフルな生き物など展示

  • みんなの経済新聞ネットワーク
相模原で「南の国から」展 琉球諸島のカラフルな生き物など展示

 琉球諸島の生き物を紹介する企画展が3月11日より、「相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら」(相模原市中央区水郷田名1)で開かれる。(町田経済新聞)

 亜熱帯気候に属する琉球諸島の平均気温は、温帯気候の相模原市より約7度も高い約24度。温暖な自然環境で多様な動植物が生息している。

 同展は、魚類を中心として琉球諸島に生息するカラフルな生き物、生態系を維持するうえで重要なサンゴやマングローブの働きなど、南の島の生き物が育む豊かな自然、人々が守ってきたユニークな伝統を「凝縮された南の島の川から海へのつながり」をテーマに紹介。

 見どころは、沖縄で暮らしていた展示飼育スタッフが選んだ、ハブの数十倍もの毒を持つエラブウミヘビ、日本最大のハゼ種であるホシマダラハゼなど、「琉球諸島ならでは」の生き物。

 関連企画として3月20日と4月30日、桜美林大学の協力による「エイサー体験」を予定。「南の国から来た、生き物たちの魅力にふれて、ひと足お先に南国気分を満喫してみては」と広報担当者。

 開催時間は9時30分〜16時30分。月曜休館(祝日、春休み期間は無休)。入館料は、高校生以上=390円、小・中学生=130円、65歳以上=190円、幼児無料。7月3日まで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弊社は一切の責任を負いません。

ビジネス新着記事一覧

新着記事一覧

キーワードからさがす