「絶滅動物」 とは

読み:
ぜつめつどうぶつ
英名:
Extinct Animal

過去に生息していたが、現在は生存が確認されない動物種のこと。ドードーやニホンオオカミなどが代表的だ。野生での絶滅が確認されている動物種を野生絶滅動物、野生だけでなく飼育でも生存していないものを絶滅動物という。開発や乱獲など人類の活動が最大の原因だ。国際自然保護連合(IUCN)は、絶滅の危機にある生物種をレッドリストにまとめている。環境省も同リストをもとにして独自のレッドリストを作成し、絶滅動物を増やさないための努力を続けている。

Q&A

  • Q: 日本の主な絶滅動物は?

    日本では1600年以降、どんな動物種が絶滅したのだろうか。

  • Q: 絶滅危機にある動物を守る意味は?

    動物を絶滅の危機から守る意味は、どこにあるのだろうか?

環境クイズ

  • 1600年から現在までに絶滅した哺乳類種の数は?

関連情報を読む

関連ディレクトリ

下記フォームよりご意見をお寄せ下さい

【1】この情報は参考になりましたか?(必須)
【2】あなたのご意見やご感想をお聞かせ下さい。(任意)

キーワードからさがす