「自然破壊」 とは

読み:
しぜんはかい
英名:
Destroy Nature

人間による開発により、直接、間接にかかわらず、山・海・川などの自然空間や生態系が破壊されたり、そこに生きる野生の動植物の生命が脅かされたりすること。文明の発展や人口の増加とともに世界各地で深刻化し、開発に加えて地球温暖化もその流れに拍車をかけている。自然破壊に歯止めをかけるため、国連は持続可能な開発を重要なテーマとしている。また、日本では自然再生推進法などの法制度が整備されている。市民による自然保護の取り組みも盛んだ。

Q&A

  • Q: 自然再生推進法とは

    2003年に施行された「自然再生推進法」とは、どんな内容なのだろう。

  • Q: 沖縄におけるサンゴ礁の再生は?

    自然破壊の事例として知られる沖縄のサンゴ礁は回復しつつあるのだろうか。

環境クイズ

  • 1996年に野生生物を原告に「自然の権利」を訴えた訴訟があった。その原告とは?

関連情報を読む

関連ディレクトリ

キーワードからさがす