goo

国際ビジネス拠点ランドマーク「品川シーズンテラス」
品川に2015年春、誕生。

品川シーズンテラスイメージ画像

品川シーズンテラスとは

国際ビジネス拠点として発展を続ける品川のランドマークとして、国内最大級のオフィスフロアを有し、自然エネルギーを効率よく活用する省エネルギーシステムを積極的に取り入れた、国内最高水準の環境性能を実現する環境配慮型オフィスビルです。

  • コンセプト

    ビルイメージ画像

    JR「品川」駅港南口(東口)より徒歩6分の立地で、国内最大級・1500坪のオフィスフロア面積を有する免震構造ビル。隣接する3.5haの広大な緑地は、コミュニティを育む場として地域社会との繋がりを拡げます。

    ↓詳細はこちら
  • Shop&Restaurant

    ビル内イメージ画像

    商業ゾーンには1~3階には飲食店を中心とした物販・サービス・クリニックなどが出店しています。(東京初出店の店舗含む約20店舗)オフィス帰りの買い物や、食事にぴったりです。

    ↓詳細はこちら
  • Shinagawa days

    Shinagawa-Days画像

    品川シーズンテラスの施設や店舗の魅力を、動画レポート。品川シーズンテラスのリアルな情報が満載。環境や健康など為になるコラムも掲載しています。

    ↓詳細はこちら

ビルコンセプト

  • 品川の街

    東京の南の玄関口

    JR「品川」駅港南口(東口)より徒歩6分の立地。東海道新幹線をはじめ、JR、私鉄各線合わせて多数の路線が乗り入れているこの品川エリアは国内・海外へのアクセスの利便性が高く、リニア新幹線の始発駅や品川ー田町間の山手線新駅の設置が決定するなど、東京の南の玄関口としてますますの発展が期待されている魅力的なエリアです。

  • ビル構造

    国内最大級のスケール

    オフィスフロアは1フロア1500坪、天井高2,900mmの開放感ある大空間が広がります。省エネ性能に優れた設備を採用し、レイアウトの自由度が高く、様々なテナントニーズにお応えします。また低層部からは色彩豊かな緑地、高層部からは東京タワー・レインボーブリッジなどの臨海・都心の眺めが広がる開放的なオフィススペースを提供します。

  • ビル外観

    オフィスビルと地域をつなぎ多彩にリンクする緑地

    オフィスビルと一体的に3.5haの広大な緑地が、整備されます。四季折々の風景が、この場所で働く人や訪れる人に潤いとやすらぎを与えてくれます。

  • ビル外観

    国内最高水準の環境配慮型オフィスビル

    光・風・水などの貴重な自然エネルギーを効率よく活用する省エネルギーシステムを積極的に導入。国内最高水準の環境性能を実現する環境配慮型オフィスとして、お客様の企業価値を向上させます。

ビルページへ

Shop&Restaurant

  • ビル全体

    品川港南エリア最大級の商業ゾーン

    JR「品川」駅港南口(東口)より徒歩6分の立地。東海道新幹線をはじめ、JR、私鉄各線合わせて多数の路線が乗り入れているこの品川エリアは国内・海外へのアクセスの利便性が高く、リニア新幹線の始発駅や品川ー田町間の山手線新駅の設置が決定するなど、東京の南の玄関口としてますますの発展が期待されている魅力的なエリアです。

  • ビル内観

    緑地との一体感を強める環境デザイン

    店舗からは緑地の眺めが広がり、都市の中にありながら、心地よい潤いに包まれる空間を実現します。木を基調としたあたたかみのある内装で、オフィスワーカーや近隣住民が毎日でも行きたくなる、誰にとっても居心地の良い空間を演出します。

商業ページへ

Shinagawa Days

  • Shinagawa-Days画像

    品川シーズンテラスの施設や店舗を女性リポーターが動画でレポート。その魅力にとことん迫ります。
    また環境や健康などをテーマとしたコラム記事などを紹介しています。

Shinagawa Daysへ